サプリメントと栄養管理について、とことん紹介していくページです。

サプリメントと栄養管理と・・。 トップページ 

TOPPAGE > 生活習慣病と栄養管理

生活習慣病と栄養管理

かつて"成人病"と呼ばれてた病気のことを、現在では「生活習慣病」といいます。

"成人病"から名称が変更なったのは、これまでは「成人」が多くかかりやすいとされていた病気だったのが、本当の原因は、老若男女、日々の生活習慣からくる場合が多から・・という理由によるものです。

では、生活習慣病とはどういったものなのでしょうか。

生活習慣病とは"食習慣や運動習慣、喫煙や休養、飲酒等の生活習慣が、発症・進行に関与する疾患群"とされていて、「一つの病気」を表すものでは無いということになります。
その生活習慣病の内には ”糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧、高尿酸血症、循環器疾患、肺気腫、アルコール性肝障害、慢性気管支炎、歯周病、骨粗髪症”などの病気などが含まれています。

これらの病気と深く関係するのは、食事や飲酒、喫煙、運動、そして休養など、様々な要因が含まれているのですが、その中でも関係がもっとも深いといわれているのは「食事」だと考えられます。
暴飲暴食・・とまでは行かなくても、栄養管理を無視して、好きなものだけを、加減も知らないまま食べる・または自分の体の状態を全く気にせずに食べるなどの、栄養の管理が全くされていない食べ方をすることが、良くないのです。

ですが、これらの病気は、早期の内に手を打てば、食生活一つで簡単に直りやすいものともいえます。
これらの病気は、栄養管理を行い、その上で食事をとるということだけで、生活習慣病から回復するかもしれないというチャンスが出てくるのです。

自分で栄養管理して摂る食事というのは、健康維持や増進の出来る、最も手軽で有効な手段ともいわれています。
実際に生活習慣病として病気にかかってしてしまうと、食事の管理といった面も病気ごとに違ってくるものですが、 基本は「予防」と言う観点から見ることと同じです。

食事の観点からすると、大事なのは・・・

  1. 毎日の食事は三食欠かさずに食べること。
  2. 主食・主菜・副菜といったメニューを揃えて、栄養管理を気にしたバランスよい食事とすること。
  3. 栄養の偏りを無くすように、豊富な種類の食品を摂ること。

・・といったことになります。

もちろん、場合によっては食事制限となることもありますし、栄養管理をきちんとするとなると、食生活を変えていくためのハードルは上がってしまうでしょう。
例えば糖尿病にかかってしまった場合、医師や管理栄養士などの専門家に指導をしてもらい、栄養管理を厳しくした食事制限をしなければならない状態となります。
そうなると、食事や栄養管理について色々と勉強もしなければならないので大変なことのように思えます。ですが、こうした制限のハードルを上にあげた程度のことであるならば、
日々の食生活においても、こうしたハードル取り入れていくということは、実は簡単なことではないのでしょうか。

糖尿病になってしまえば、否応無しに食事制限がかかるのですが、まだかかってない内になら、栄養管理をすることで、糖尿病にもならず、健康な生活がまだまだ送れるのではないでしょうか?

規則正しい生活習慣・そして、栄養管理の行き届いた食習慣を身につけていくということが、まさに健康というものです。
最近では、成人病と呼ばれた病気が"小児糖尿病"だとか、"小児肥満"といったものなど、小さい子供たちが生活習慣病となってしまう場合もあります。
自分自身のことばかりではなく、家族みんなの日々の食生活にも気を配ることで、家族みんな、健康で長く過ごしていけるようにしましょう。

pagetop

生活習慣病とサプリメント

ここでは、基本的な生活習慣病に良いのではないかとされるものを紹介します。

基本的なサプリとしては
『ビタミンB群』『ビタミンC』『ビタミンE』『マルチビタミン』『カルシウム』『マグネシウム』『亜鉛』『マルチミネラル』

血液をサラサラにしたい人は・・・『ゴマペプチド』『レシチン』

糖分をコントロールしたい・・という人は『バナバ』『ヤーコン』

機能回復をしたいという人は『霊芝』『アガリクス』『メシマコブ』

脂肪燃焼なら、『α-リポ酸』『コエンザイムQ10』!

飲酒・または喫煙に『ウコン』『ポリフェノール』

当ページはリンクフリーです。

当サイト
”サプリメントと栄養管理と・・・。”は、リンクフリーです。
管理人の許可無くリンクなさっても結構です。 リンク先は、下記のURLでお願いいたします。
なお、相互リンクは現在受け付けておりません。

(現在、当サイトはバナー画像を用意しておりません。)